税理士に相談

いろいろ専門家はいますが、会社設立のとき税理士にお願いするメリットはどこに存在しているのでしょうか。
税理士に依頼するメリットとは次のようなことを考えることが出来ます。設立後に顧問契約した場合には、会社設立の手数料が安いというメリットがあります。

銀行融資などの資金調達のサポートを税理士によってしてもらうことが出来ます。更に、みなさんは会社設立すべきか、個人事業主のままでいいか判断に迷っている時もあるのではないでしょうか。そのような相談も税理士にすることが出来、更に税理士は、煩雑な設立後の届出にも対応してもらうことが出来ます。

しかし、定款作成(行政書士業務)を外注し費用がかさむというデメリットがここには存在もします。あなたにとって会社設立のとき、メリットは司法書士・行政書士に依頼することかもしれません。

そのこともしっかり考えて行動すべきでしょう。ただし、司法書士・行政書士に依頼する場合にもデメリットは存在しています。設立手数料が税理士より割高というのは、会社設立をしようと思っている人たちに大きなデメリットとして考えることが出来るのではないでしょうか。

設立後に必要な税務の届け出・煩雑な手続きをご自身でする必要が出て来てしまうこともあります。そのあたりのこともよく考えてみましょう。

【関連ホームページ】会社設立無料相談….税理士法人アディーレ
会社設立の代行や税務顧問サービスを行っています。

Pocket