Home » 会社設立したら税理士

会社設立したら税理士

会社設立したら、税理士にお願いするメリットにはどのようなことを考えることが出来るのでしょうか。

自分一人でそれを行うことよりもしっかりパートナーをつけることに大きな意味があります。その時事業が小さい時なら、 1ヶ月の仕訳や領収書の数もそれ程大したことはないのかもしれません。 1ヶ月の仕訳や領収書の数は極々単純作業なのですが、会社が成長すればそのような手続きはどんどん増えてしまい、ごくごく単純作業をあなた自身が行うことで、あなたは他に何も仕事をこなすことが出来なくなってしまうリスクを抱えています。

税理士にお願いすればお金がかかるから損という言い方は正しいのかもしれませんが、記帳代行から決算手続きまで月額1万円~2万円程度で済んでしまうのなら、税理士にお願いすることも、悠々と考えることが出来るのではないでしょうか。
毎月の経理・入力作業や領収書貼りなどにあなたは一体何時間時間をかけてしまっているのでしょうか。

実際に税理士にお願いすることで、融資がおりやすくなると言う事はないようです。しかし税理士を顧問に付けることで、「試算表」「月次損益計算書」「資金繰り表」などが瞬時に上がってきます。金融機関がそのような書類を求めて来ても、プロフェッショナルが側にいれば全然うろたえることはありません。

税理士にお願いすれば、万一の際の資金調達時も有利にことを進めていくことが出来ます。更に節税アドバイスだって税理士がしてくれるでしょう。

Pocket

Name of author

Name: 運営者